美痩せのダイエットメソッド

   

お酒はダイエットの大敵?

お酒を飲むと太ってしまうというイメージがあり、ダイエット中は飲むのを我慢するという人も多いのではないでしょうか。確かにカロリーは低くありませんが、燃焼されやすいので飲んだ分がそのまま脂肪に変わるわけではありません。しかし、カクテルや果実酒など甘味の強いお酒はカロリーも高く、何杯も飲んでいると太りやすくなります。
また、お酒を飲んでいると味が濃いものや油っこいものを食べたくなるので、おつまみや〆のラーメンなどを食べて多量のカロリーを摂取してしまうこともあります。飲み会の後には、ラーメン一杯食べてしまうという人もいると思います。
ダイエット中には、どのようなお酒を選べばいいのでしょうか。色々な種類がありますが、焼酎や蒸留酒はアルコール100%でできているので太りにくいと言われています。カロリーは高めですが糖質が含まれていないので、脂肪になりにくいからです。焼酎・ハイボール・ウォッカ・ウイスキーなどはダイエット中に飲んでも大丈夫になります。
その反対にビール・日本酒・カクテル・チューハイ・果実酒などは太りやすいので、ダイエット中にはあまりおすすめできません。ただし、ゼロカロリーのビールなども販売されているので、ビールが好きという人はそいうったものを選ぶと良さそうです。
それからおつまみも高タンパクで、ヘルシーなものを選ぶ必要があります。おすすめなのは枝豆です。枝豆は定番のおつまみで、ヘルシーさと素朴な味わいが人気を集めています。日本だけではなく、海外などでも知られるようになりました。枝豆には様々な栄養素が豊富に含まれており、健康的な食材としても有名です。特に暑い夏の時期には、枝豆とビールの組み合わせがたまりません。居酒屋などには必ずといっていいほどありますし、ファミリーレストランなどにも置いてあります。自宅でたっぷりのお湯で茹でれば、何とも言えない美味しさが口の中に広がります。冷凍食品なども販売されているので、手軽に食べられるのも魅力です。自宅で茹でる場合には、茹ですぎると歯ごたえがなくなってしまうので注意するようにしましょう。
野菜を使ったサラダや和え物などもヘルシーなおつまみです。サラダや和え物はさっぱりと頂くことができますし、ビタミンやミネラルも補いやすいメニューになります。ドレッシングを変えるだけで味のバリエーションが広がるので、自分好みにアレンジするのにも適しています。それから漬物や浅漬けなどもお酒がすすむ一品です。お肉をおつまみに使う場合には、ささみやムネ肉、赤身肉など脂肪分が少ない部位を選ぶことが重要になります。お豆腐などもカロリーが低くヘルシーな食材なので、カロリーを気にする人におすすめです。
その他にもチーズは、カロリーは高いですが糖質は少ないので少量であれば最適な食材になります。和風の味付けにも洋風の味付けにも合いますし、コクがあるので少量でも十分満足できます。カルシウムも豊富に含まれているので、骨粗鬆症予防にも効果があります。
ダイエットをしているとお酒を我慢しなければいけないと思い込んでいる人もいると思います。しかし、我慢ばかりしているとストレスがたまるので、ダイエットの途中で挫折したり、その反動で食べ過ぎてリバウンドしてしまうこともあるようです。飲み会などはストレス発散の場にもなりますし、友人や職場関係など人間関係を築く上でも重要です。工夫次第では太りにくくすることができるので、上手に付き合うようにしましょう。ただし、やはり飲み過ぎてしまっては太りやすくなりますし、健康に悪影響を及ぼすこともあります。息抜き程度にたまに飲むくらいがちょうどいいと言えるでしょう。

おつまみ , アルコール , 食事