美痩せのダイエットメソッド

   

筋トレでダイエットに成功しやすい身体づくり

ダイエットというと、一般的にはウォーキングやジョギングなどの有酸素運動といった運動を行うものであったり、カロリーの低い食事を心掛けたり一食ぶんをダイエット食に置き換える食事制限などを思い浮かべる方が多いことでしょう。これらは、もちろん痩せる上では非常に有効ではあります。身体に入れるカロリーを制限し、有酸素運動でさらにカロリーを消費するのですから、痩せていくのは当然のはずです。しかし、中には運動をしても食事制限を行ってもなかなか痩せなかったり、そもそも運動や食事制限は辛くて続けられないといった方も多いです。
なかなか痩せられない原因には、食生活や睡眠のとり方、これまでに行ってきた効果的でないダイエット方法によって痩せにくい身体になってしまっていることが原因です。痩せにくい身体の特徴としては、筋肉量が少ないまたは筋肉がカロリーを消費しにくい性質になって基礎代謝の能力が低下してしまっていることなどが挙げられます。基礎代謝は、内臓を動かしたり、全身に血液を送るために使われる、いわば生命維持のために使用される体内エネルギーのことです。基礎代謝が悪ければ血液の循環が滞り、運動によるカロリー消費もうまくいかないばかりか、身体に栄養がいきわたりにくい状況になってしまいます。身体は栄養を取り込もうと必死になるので、運動していても食事制限をしていてもなかなか痩せにくい身体になってしまうというわけです。
ではどのようにすればよいのかというと、ぜひおすすめしたいのが筋トレによるダイエットです。筋肉をつけると逆に体重が増えてしまうのでは、と心配される方もいらっしゃるかもしれません。もちろん筋肉量増加によって体重が多少増えることはあります。しかし、脂肪と筋肉ではまったく性質がことなるため、身体の見た目が段違いです。同じ体重であっても、筋肉量が多い身体のほうがぎゅっとしまった印象の身体になります。
筋肉は身体の多くの部分を動かすために、大きな面積を占めるものです。ここを筋トレで鍛えることで、基礎代謝を上げて、痩せやすい身体をつくることが筋トレをおすすめする理由です。基礎代謝で使用されるエネルギーは、座って勉強をしている時、歩いているや眠っている時にも消費され続けています。常にエネルギーを消費する状況を強化してあげることで、自然と痩せていく身体の基盤を作ることが目的ともいえます。筋トレでダイエットというと、かなりつらいトレーニングが必要であったり、筋肉隆々になるまで続けなければならないといったイメージがありますが、実際にはそんなことはありません。基礎代謝を上げる目的で行う筋トレは、一日10分程度から効果があると言われています。
また、毎日行う必要はなく、むしろ筋肉を使ったあとには休息が必要です。筋肉は限度を超えて稼働させることで破損しますが、きちんと休ませることで超回復を起こし、より強固で太いものへと再生されます。これが筋肉が増えていく仕組みです。これを利用して、一日に行うトレーニングの量を設定し、疲れたり筋肉痛を起こしたら次の日はトレーニングをお休みするといった方法が取れます。
ダイエットに有効とされる筋トレはさまざまですが、太ももやお腹、背中などの比較的大きな筋肉を鍛えるものが効果が高いとされています。代表的なものではスクワット系や体幹トレーニング系などが有効です。最初から無理をしてたくさん量をこなす必要はなく、自分でできる範囲からはじめて徐々に回数や時間を長くしていくことが効率的かつ長期間続けるコツだといわれています。もちろん、合わせて食生活や睡眠のなどの生活習慣を見直すことは、体質の改善にも役立つことですので、少しだけ意識してみるのもよいかもしれません。

代謝 , 生活習慣 , 筋トレ